脊柱管狭窄症の特徴的な症状|気になる症状シッカリ確認

医者

特徴や注意すべき点とは

悩み

脊柱管狭窄症とは何らかの原因で脊柱管が狭くなり、その中を通っている神経や血管が圧迫される病態のことを言います。そのため症状としては、腰の痛みや足のしびれといったものがあります。さらに脊柱管狭窄症に特徴的な症状としては、間欠性跛行があります。これはしばらく歩くとしびれや痛みが生じて、少し休むとまた歩けるといった症状を指します。具体的な症状としては、バス停を1区間歩くのに何度も休むなどがあります。また間欠性跛行の特徴としては前かがみになると症状が和らぐといったものがあります。そのため休むときは、ベンチに腰掛けたりしゃがみ込んだりすることが多いようです。これは前かがみになると神経の圧迫が解放されるからだと言われています。

脊柱管狭窄症は若年から高齢者にかけて幅広い年齢層で起こりうる病気ですが、60代から70代にかけて症状が起こり始めることが多いので高齢者は特に注意する必要があります。もし脊柱管狭窄症と診断されたら、日常生活でどのような点に注意すればよいのでしょうか。背中をそると神経が圧迫されて痛みが生じやすいので、前かがみになって楽な姿勢で安静にすると良いでしょう。またきちんと医療機関に行って検査し、治療を進めていくことも大切です。いまは保存療法と薬物療法が主に行われ、それらを上手く混ぜながら治療を行なっていきます。保存療法では運動や筋肉のマッサージなどを行なうことがあります。ですが症状が悪化している場合は手術を行なうケースもあります。手術となると費用面でも大変なので、早めに脊柱管狭窄症を改善するようにしましょう。

腰が痛いと感じたら

悩み

脊柱管狭窄症に苦しんでいる方は今非常に多くなってきており若年層にも広がってきています。脊柱管狭窄症には血行を良くすると痛みを軽減することが知られているものです。脊柱管狭窄症の患者には血行を良くする運動や食事、また薬物療法が適しています。

Read More...

特徴や工夫することとは

医者

脊柱管狭窄症とは脊柱管が狭くなることで、脊柱管の中を通る神経が圧迫されることを指します。そのため腰痛や下肢のしびれが生じるといった特徴があります。また脊柱管狭窄症では、長時間立ち仕事をする場合は、片脚を踏み台に乗せるなど日常生活を工夫すると症状が緩和されることもあります。

Read More...

症状の説明と療法

医者

脊柱管狭窄症とは、腰部の変形により脊髄の中の神経が圧迫され、腰や足などの痛みやしびれがなど様々な症状が起こる病気です。体操やストレッチが効果的だが、激しい運動は禁物です。無理せず負荷がかがりすぎないように行ないましょう。

Read More...