住宅ローン控除の確定申告を行なう【適用内容を調べる】

女性

ローンを利用する場合

カードローンはカードの利用限度額範囲内で何度も利用できる点がメリットですが、主婦の場合は借入出来る金融機関と借入が出来ない金融機関に分かれます。また専業主婦でなくパートをしていれば借入出来る金融機関は大きく増えると共に、レディース専用の商品を取扱いしている金融機関を選ぶ事も1つの選択肢です。

男性

地元の金融で借りる

大手の消費者金融カードローンの審査に落ちてしまった方は、大阪の地元密着型消費者金融への申込みであれば過去に債務整理や自己破産を経験された方であっても柔軟に審査に対応して融資を受けられる可能性もあります。

積み木と紙幣

ローン控除の特別なケース

転勤等のやむを得ない事情により居住する事ができなくなった場合でも、その旨の届出書を提出しておけば、再び居住した年分から住宅ローン控除を適用する事ができます。その際は、確定申告で住宅ローン控除の計算明細書などを提出しますが、適用を受けた年分に転勤等をした場合はその事を明らかにする書類も必要となります。

主婦

お金が必要な時の対策方法

突然にお金が必要になった場合の対策方法として人気なのがカードローンです。カードローンは学生や主婦でも借り入れができるうえ、電話や郵送、パソコンや携帯電話で簡単申し込み、そして当日借り入れ可能なので大変便利です。

お金

地元で金融会社を探す

大阪市内でカードローンを申込みする場合、返済手段の豊富さや申込みの媒体、利便性などを考えると大手消費者金融で申込みをするのがよいです。万が一審査に通過しなかった場合に、中小消費者金融を検討してみることです。

中古住宅を取得して節税

模型とお金

中古でもローン控除を適用

住宅を取得した場合に確定申告によって税金を安くできる住宅ローン控除ですが、建築後に使用された中古住宅を取得した場合にも中古住宅に係る住宅ローン控除を適用する事ができます。この制度における中古住宅とは、建築日から取得日までの築年数が20年(耐火建築物は25年)以下である事、または耐震基準等に適合する住宅である事、あるいは居住を開始する日までに耐震基準に適合する工事の申請をして工事が完了している事のいずれかに該当する住宅を指します。また、この制度の適用要件は、生計を一にする親族など特別な関係者または贈与によって取得した住宅でない事、取得日から6ヶ月以内に居住を開始して継続して居住している事、住宅の床面積が50平方メートル以上でその半分以上を居住用として使用している事など、新築住宅の取得にかかる住宅ローン控除と変わりありません。そのため制度の適用を受けるために確定申告が必要な点、2年目以降は確定申告または年末調整で適用できる点も同じですが、別途、適用要件を満たす中古住宅である事を証明する書類が必要となります。例えば、耐震基準に適合する住宅であれば住宅取得日から遡って2年以内に行われた調査に基づく耐震基準適合証明書や建設住宅性能評価書の写し、瑕疵担保責任保険契約に係る付保証明書などを添付しなければいけません。耐震改修をする住宅であれば、耐震改修計画の認定申請書の写しや耐震基準適合証明書、請負契約書の写しなどが必要です。もちろん、確定申告書や住宅ローン控除額の計算明細書、ローン残高証明書なども忘れずに準備しましょう。

Copyright© 2018 住宅ローン控除の確定申告を行なう【適用内容を調べる】 All Rights Reserved.