住宅ローン控除の確定申告を行なう【適用内容を調べる】

ローンを利用する場合

女性

会社によって異なります

カードローンは消費者金融、クレジットカード会社、さらには銀行が行っています。カードローンの大きな特徴は利用限度額の範囲で身近にある銀行ATMで手軽に借入や返済が可能な点です。また銀行でカードローンを利用した場合は一般的に他の消費者金融やクレジットカード会社よりも審査は厳しい分、利用限度額が大きく金利が低い傾向にあります。このように限度額も金利も利用する金融機関によって異なりますが、金利は3%程度から18%まで、また限度額も10万円から大きい所であれば500万や800万、1000万円まで利用可能な場合があります。貸金業法の改正により年収の3分の1までしか借入は出来ないように総量規制が敷かれましたが、銀行カードローンはこの対象外である点も大きな特徴です。主婦の取り扱いについては金融機関によって大きく異なります。主婦であれば借入自体が出来ない金融機関と、主婦であれば50万円まで借入が可能な金融機関と大きく2つに分かれます。まずは利用する上で主婦が借入可能かどうかを確認し、その上で金利や返済方法を比較して借入先を検討する事が最も重要です。他の特徴としては2つあり、1つは専業主婦でなくパート等をしていれば借入出来る金融機関や金額が増える場合が多いという点です。2つ目はレディース専用の借入プランや商品を用意している金融機関もあります。金利や審査で優遇がありますので、そのような商品を利用するのも1つの選択肢と言えます。

Copyright© 2018 住宅ローン控除の確定申告を行なう【適用内容を調べる】 All Rights Reserved.