脊柱管狭窄症の特徴的な症状|気になる症状シッカリ確認

医者

症状の説明と療法

どんな病気か

医者

脊柱管とは、背骨の間にある筒状の空間のことです。年をとるにつれて、その脊柱管のまわりにある筋肉や靭帯、椎間板などが変形し、脊柱管が狭くなります。脊柱管には脊髄が通っているので、その中の神経が圧迫されることで腰痛や下肢のしびれなどが起こります。これが腰部脊柱管狭窄症のおもな症状です。腰部脊柱管狭窄症の人の大きな特徴として、間質性跛行と呼ばれるものがあります。聞き慣れない言葉ですが、これは長時間立ち続けたり歩き続けると足のしびれや痛みが出て歩けなくなるが、前屈みになったりしゃがんだりして少し休むとまた歩けるようになる、という状態のことを言います。これらの症状が進行していくと、歩ける距離がずっと短くなったり、腰や足の痛み以外にも、排尿障害や様々な神経障害を引き起こすことがあります。

運動療法

脊柱管狭窄症を治療するには、もちろん医者にかかって手術をすればよいのですが、なかなか手術をする勇気が出ない、手術しても良くならなかったらなどと考えてしまう人もいらっしゃると思います。脊柱管狭窄症の症状をやわらげるには、体操やストレッチなどの軽い運動が効果的であると言われています。手術や病院での治療に抵抗のある人は、まずは運動療法から試してみてはいかがでしょうか。脊柱管狭窄症は、腰が反って変形してしまうことで起こる病気なので、ストレッチで腰の反りを正すことで、痛みやしびれがやわらぐのです。運動が効果的とはいえ、下肢や腰に負担がかかりすぎるような激しい運動はもちろん逆効果です。無理をせず、つらくなったら休憩しながら、適度な運動を心がけましょう。ネットで探せば、効果的なストレッチの方法がたくさん動画で紹介されていますよ。